guitar maker / c.s.beth
about beth | hibi | products | order/price | shop | archives | link | contact
Text Size :
Img_9286bbe955e05aa9a2aa6c99b04503aa
コスモスを激写してて気がつきました。
後ろの山に岩肌が見えてるところがありますよね?
そこに張り付くように建物がみえますか?

それ!そこに今から行くんです。
あの恐怖の山道決定!確実に!

でも行きますからね。


で、やっぱりなかなかの山道を激走して駐車場に到着。
そしたらマイクロバスが停まってる・・・。
え~!こんなに大きいマイクロバスで来れるの?
そうなんです、我々は軽自動車でも恐々きたのに、
地元の方はマイクロバスでだって平気で走っちゃうんですね。
Img_fadcd0c9e765494e735bdc0d3d8a5696
こんなとこを登ると・・・
Img_017febe43601a360bf8261661d628979
続いてここ。しかも手すりなし、鎖だけ!
Img_e98f5c6567f3436fe250231c081e4285
ようやく奥の院の入り口に。
スタート時点で我々すでにズルしてます。
というのも、この岩場はもっと下からが続いていて
本当はふもとからずっとこの状態を登ってこないとだめなんです。

でも~時間ないしね~ゴメ~ン。

で、到着したらこんな景色
Img_50c0b0f31771e3e5e4deae43320308af
この先は撮影禁止なのでなし。
お堂からの景色も撮っちゃダメなんだって。
そんなのおかしくない?とりあえず従いましたけど。

洞窟の入り口みたいなところから入るとトンネルが続いていて、途中二手に分かれます。
片方は本堂へ、片方は何でしょう?
進んでいくと広い空間が現れて真ん中に小さな仏像があり・・
と、突然その場の湿度が急上昇!一気にメガネが曇ってぞわっと鳥肌が立ちました。
先に行く、いとこッチは平気そう。
彼女は霊的なことを少し感じる人なので、そういう類のものではなさそう。
でも私はその肌感覚が耐えられなくて退散。
あれはなんでしょうか。水でも湧いてるのかな?

そそくさと本堂へ。
小さな本堂は洞窟に上手にはめ込まれています。
奥ではお遍路おじさん方がご祈祷してもらってます。
朱印をいただきたいので終わるのを待ちましょう。
守り指輪もなんとなく買う気がしなくて、
返納された山ほどの指輪を眺めたりしてました。

少し待って御朱印をもらい、下山します。
ええ、下りるのもあの岩場ですよ。
これがね、意外と楽しいんです私。
ほほーい!って感じにポンポン下りれる。
まあ、鎖があるからですけどねー。
さて、そろそろ昼食のことを検討しましょうか。
行きたいのは肥土山にある、こまめ食堂。
でも今は瀬戸芸期間中なので混雑必至。
苦肉の策として、お弁当にして次の予定地でいただくことに。

電話で問い合わせると予約はしてなくて、
今すぐに来て整理券をゲットしてくださいとのこと。
オッケー行くぜ!

ぴゅ~っと山を下り・・・と思ったら下りたあたりに無人販売あり。
「あまいみかん100円」とある。そりゃ買いますよ。
買ってたら後ろに山羊発見。
少し見学して向かいます。

肥土山は米どころで、残念ながら新米の時期ではないのですが
こまめ食堂でおにぎり弁当を買いまーす。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする