guitar maker / c.s.beth
about beth | hibi | products | order/price | shop | archives | link | contact
Text Size :
Img_4f8d080fb29fe5febbf5ea8aa597fe37
小豆島に行ってきましたシリーズ、
ぐるっと回って日にちがちょうど良い感じになってますが
#2からなんと1年が経ってしまいました。
ただ単に公開するのが滞ってただけで記事自体は新鮮です。

では参りましょう、2016小豆島の旅の続きです。




オリーブがいっぱい植わっていて、坂の下に海が見えて・・・
小豆島はホントにイイとこです。
移住したくなる気持ちがわかります。

季節もサイコーでした。
急に冷え込んできたので島も寒いだろうと心配でしたが、
なんのなんの日が当たればポカポカで気持ちイイ。

Img_460e4d3f9462f67ff60c24c73bd21d9a
とってもお話上手。
さて、時間になりましたので事務所に向かいます。
本日の講師は中本さん。
(中山さんだったかな?まちがってたらお許しを)



公園内のオリーブの木(ミッション)で実を摘みます。
炭疽病や傷のあるものを摘んでしまわないように注意します。
人差し指と親指で実の根元をつかみ、中指で実をこじります。

スルリと実が手のひらへ。
すべすべ、ひんやりしてる。

そのまま、頭陀袋みたいに首から下げた果実採取用の袋に入れます。
Img_3a7395465cf33ecaca5af9b610fac465
た、たのしい!すごく!
許されるなら、この時期にこの島で収穫アルバイトしたい・・・。



次は縛りたてのオリーブオイルを試飲させてもらいます。
まずは我々が採ったのと同じ種類のミッション。
収穫もお話もたのしく、景色もサイコーだし、気候も気持ちいいし、我々の気分も上向き。
そんな気分のままタンマリ入れてくださったミッションを一口。
Img_cba27a27e3cfd845cbffe0b2fdb0f4a8
Img_ad659170ae75e240322515eda1ae2e96
Img_d7449bdc02d2bdd573f447aadc008f74
ゴクリ・・・ぬぉぉぉ~っ!カァァァァ~っ!

ドロリとする口内、青々した液体がピリピリと刺激を与えながらのどを下りてゆくっ!
一瞬にしてイタイ表情になる我々。
そりゃそうでしょうよ、オイルだもん。しぼりたてだもん。
わかっていたはずなのに、上々な気分に、上々な味がくるものだと錯覚したわけだ。

飲めない!これ以上飲めない!飲みこめない!と静かに苦悶する収穫体験の面々。

そんな我々を知ってか、手際よく「じゃあ、次はルッカにいきましょう!」と注ぎ分ける係の方。
隣の女性が思わず「もったいないんで、少しで結構です!!」
係の方、ニッコリ笑って結構な量をザブリ。
女性ひるまず「あ、これを二人でわけます!!」

ルッカはミッションに比べていくらか果物のような甘い香りが少しして、刺激も少なく飲みやすかったわけですが、いくら新鮮で栄養があるといえども、オイルはゴクゴク飲めるもんじゃありませんでした。私はこんな機会はないと思って全部飲み干しましたが、皆さん結構残しておられました。
これだったら、パンを配るか小瓶を別途販売してお土産にする方が絶対イイと思います。

この後、いとこッチはお腹を下しました・・・。これのせいか?
でもドロリとした口内もすぐにさっぱりしましたねー。
普通のオイルだともっとねばねば残ると思います。
良いオイルってこうなんでしょうね。


と、試飲で目をむくことになったわけですが、
この時期にしかできない体験をさせていただけてラッキーでした。
ホントにたのしく、オリーブへの興味がますます湧いてきましたねー。


さぁ、そろそろオリーブ公園を後にしましょうか。

Img_665b2519058bd1231bdf4c585ac4329f
先日ウクレレの納品に行ってきました。
岸和田のウクレレショップ・オハナさんです。

まだお付き合いはそんなに長くはないのですが、
納品に行くたびにいっぱいお話をして
いっぱいアイディアをいただいて
家路はいつも「ほっこり」。
明日からまたがんばるゾーって思います。

本当にありがたくって・・・。
相談にのっていただいてばかり
甘えまくってます。

今回は、ウエストがグッとくびれためずらしい形の
ソプラノロングネックを2本。
気に入っていただけたのかな?
ウクレレショップ・オハナ限定販売にしていただきました。

もっとサクサク作れたらいいのになぁ・・・。

ほかの画像はこちらです⇒B-5LU
今日は尾崎放哉の命日。
この日までに放哉の墓参の記事を書こうと思っていたのに無理だった...。
追々アップしていこう。



......一言でいうと、小豆島には昭和が残っている。
バス停、目の前の通りがこうだ。

Img_ac1a01b0f5e126d4ed4f916963f2df08
Img_49698182ed73a7e7aa78d4b0a4091bbd
表札でしょうね。
Img_fb70477506728bb394bcc17b284c7a85
奥に見える山が碁石山?
Img_4710250a5c3fc17ea233158772e23802
常光寺

バスに乗り込んで次に向かうのは常光寺さん。
ここで常光寺さんと碁石山の2つの御朱印をいただきます。
あ、ワタシはいただいてません。

苗羽で下車してプラプラ向かいます。




碁石山は明日伺います。








小豆島にも八十八か所巡礼がありまして、
歩き遍路で10日間くらいでまわれるそうです。
最近では「女子へんろ」なんてのもあるみたい。

寺や庵によっては無人のところもあって、
常光寺さんでは一括で5か寺ほどの朱印をしていただけます。



Img_3e0edb0f82595b482843cdb10c88af6e
常光寺さんの裏手。

常光寺さんでご朱印をいただいた後はセブンイレブンに向かいます。
レンタカー業者とここで落ち合うことになってます。
店舗外で借りるのってはじめてで、ホントに来てくれるのかちょっと心配でしたが
いい感じの時間に到着してすぐ、業者の方が来てくれましてどうにか借りれました。

いとこっチがここで、

「パン屋に行きたい!絶対」

ということで、じゃあどこ?わからん・・・。
おいおい、もう~そういうのはワタシにまかしておけ、検討はついてる。
ここにくる途中で見た看板がおそらくそうでしょう。

あっさり駐車場を見つけるも、開店時間になってない!
いいや、前で待っとこう。

小豆島唯一の酒造メーカー森国酒造がパン屋を開店していて酒粕を使ったパンがあるそうです。
ワタシは下戸ですのでちょっと遠慮しとくー、運転あるし。
Img_aad2320158c1a67b707d44fcd511e988
開いてる!
Img_068e91f1efe518471bc0d8fe7f77fd7e
ありがとう!
Img_ad1c895e91c62e1f99ef98e6c6c7908d
MORIKUNI BAKERY

あれ?OPENになってる!
まだ開店時間になってないのにラッキー~!
ん?お兄さんがいっぱい中にいるけど?

すると我々に気付いた店員さんが飛び出してこられて、
「すいません、今日はテレビの撮影があって狭くて入っていただけないんです!」

あ、そうなんだ~残念だけどわかりました~・・・いとこっチ、諦めなよ。
それでもガンバルいとこっチ。

困った店員さん、「ここでよろしければ、お持ちしますが・・・」

いとこっチ「えっと、パンの種類は何がありますか?」
店内をのぞいて、見えないアピールのいとこっチ。

店員さん「あ、ピーナッツと酒粕と・・・」
ごめんね店員さん、ウチのいとこっチは粘り強いんです。



偏見かもしれないですけど、島という隔離された場所なのに、
店員さんの対応がスバラシイのに驚きました。
しかも都会的なルーチン対応ではなくとても心のこもった対応。
彼女自身の人間性なんでしょうか?すごく勉強になりました。


次は道の駅・オリーブ公園です。
冒頭の風車はここにあります。
ここでは「オリーブ収穫体験」しちゃいます。
申し込みをすまして公園内を散策します。
Img_21c4bd29ea0cbf0133b1cc81ad462286
Img_ff42bdcae91fd838678d90c641e133cd
Img_0d2c7941d0b13a5223fb8598441177cb
探してもらえて喜んでもらえていろいろ感謝。

次へと...。


追記。
photo をもう少し。
Img_ac47a01dba27155dc6a488e3a8369a65
B-117N
Img_fbad289132000c7617213c2b588dcbb9
B-117N
Img_33e2d84ff124b6c5d6f3ed4e2fd24a3e
復刻「セイコー シャリオ」
全然時計マニアじゃないけど、時計好き。
いろいろ変遷してきたけど、今はCASIOの安いやつ。
チープカシオと呼ばれる部類のやつ。
キズとか水とか値段とか気にしなくていいし、
なんとなくかわいいので気に入ってる。

・・・が、

こういうのを見ちゃうとムズムズする。
Img_ca132142acbc39ba79b30097c73335fb
ベタすぎてナニですが、やっぱりココです。
ずーーーいぶんと前の紀行ではありますが、やっぱり記していこうと思います。
相も変わらずワタクシ記録でありますのでダラダラと続けたり続けなかったりです。
つまんね~でしょうけど、では、いきます。


オリーブ収穫の真っ最中、そして秋の瀬戸芸(瀬戸内国際芸術祭)が開催されている小豆島に行ってきました。

言いにくいですが、瀬戸芸には全く興味はありません。
あ、いえね、瀬戸芸自体はおもしろいイベントだと思います。
でも各地に展示されてる現代美術の意味がつかめないんですよね。
理解するセンスがないんでしょうねワタシに、残念ですけど。

「えっとぉ~、で、コレ何?」

って思っちゃう。う~ん、恥ずかしい。

オリーブには興味津々ですよ。
ウチにも一本植わってます。
結構な大きさに成長してますけどほとんど実はなりません。
オリーブは一本だけじゃならないんです。
近所にもオリーブがないのでこの先もならんでしょう。

この度の小豆島紀行の発端はそのオリーブ半分、
もう一つは尾崎放哉記念館に行くこと。
誰それ?!なマイナーな理由ではありますが
ずっと行きたいと思い続けてようやく・・・。




11月某日

夕方自宅出発。

以前は大阪南港からフェリーが出ていましたので便利でしたが現在は廃止され、神戸・姫路方面からのみの航路となっています。
ということは大阪からだと神戸利用です。
ここでナイスなルート発見。

フットバスという会社(南海バス共同)がありまして、
小豆島と関西(神戸・大阪)の連絡きっぷを発行しています。
片道ずつバスとフェリーがセットになっていて、
往復どちらを利用してもかまいません。
今回は行きが神戸港から坂手港、帰りが高松からバスでなんばを選択。

夜中の1時出航ですので、それまで西宮ガーデンズで時間を潰し、
三宮発23時半の神戸港行きの連絡バスに乗ります。

が!ここで失態。
西宮から三宮まで20分もかかるとは知らず、
ギリギリの電車に飛び乗りバス停まで雨の中ダッシュするはめに。

ええ、また雨です。

どうにかバスに間に合い安堵。
でも安心はできません、フェリーターミナルに着いたら速攻改札口へ。
出航時間はまだまだですが、なるべく前に並んで船に乗り込まなければなりません。
というのも、女子専用の雑魚寝ルームの場所取りがあるわけです。

そこで助かるのがフットバスの「瀬戸内クルーズ&バスセット」チケット。
これを事前に購入しておけば乗船名簿の記入が免除されますので
窓口でまごまごしなくて済みます。
窓口へ急ぐ人を横目にササッと改札口に向かい乗船順番取り完了。
ここまで急がなくても繁忙期じゃなければシート席などがあるそうなのですが、
折角の夜行で寝られるんですからやっぱり雑魚寝ルームでしょ。
今回はかなり空いており、女子専用でないところなんかはガラガラでした。
繁忙期は難破船か!ってくらいそこいら中に人が寝ているそうですが。

Img_a2d44b538ff3040c779a3c6c989e3fe0
神戸港出航。
Img_1100b9d9c60393242f0ffc106f73c8cb
きつねうどん(だったかな?) 
乗船時間がきまして乗り込みます。
長い通路の奥にフェリー(りつりん2)があります。
小さいめのフェリーですので迷わず3階の女子専用ルームへ直行。
寝床をバッチリ確保しましてニンマリご満悦。
するとあれよあれよと周りはご就寝の模様。
我々これから話のハナを咲かそうかと思っているのに・・・。
仕方ないのでフェリー内をウロウロ捜索。
いよいよ出航となりまして次なるポイントは「さぬきうどん」
神戸を出たばかりでさぬきもおかしな感じですが
これもフェリーの楽しみの一つ。
たしか出航~2時半までの営業だったかな?
座るところはなくて、立ち食い、そして普通に美味しい。
大阪のうどんとのちがいわからず。

さぬきうどんを堪能しましてもまだ寝ません。
客室に戻ると、煌煌とした照明のもと全員就寝中。
気の毒になって消灯、暗くて手持無沙汰のためまたもや徘徊。

フェリーの隅から隅まで歩き回り、
ライトアップの終わった明石海峡大橋に感動しつつ通過。
人ってのはすごいものを造るもんだなぁ。

小さ目のフェリーに居場所をなくし、洗面も済んだことだし、寝ますか。


げー。

足元に寝てるオバサンがすごいイビキ!
そういうのたいがい平気なはずだけど、これはヒドイ!
ううう、寝れねぇ・・・。

うつらうつらしたころ、やってきました入港のミュージック、
「二人を結ぶジャンボフェリー」
高松港に到着したんでしょうけど、こんな大音響で鳴らす必要ある?
なんか知らんけど、何回も流れてさすがにイラッ!

ところが、この音楽が鳴るや否や高松で下船する方々がバタバタと準備を始め、
風のように去っていった。
部屋の隅っこに取り残された我々と外国人。
うん、必要みたいね、あの音楽。

えっと、起きちゃったので朝のフェリーを徘徊しますか。

昨夜は閉鎖されていた最上階の甲板にいきます。
船長が安全運航されていました。
Img_f1928deac1a8d2d89bc99e68a21179f3
Img_a03524dc3dced59ebf921e57c464a1ac
遠くに見える高松港。トラックが少ない。ガラガラ。
Img_f0e8e7f73763fa64d4845ff79fa006df
よし!晴れになりそうだ。
7時半、小豆島・坂手港に到着です。
8時半まではレンタカーが借りれないのでバスで移動します。
バス停(坂手港)はここからすぐのところにあります。
Img_030680195196a5ae7b732733a2a979be
ジャンボフェリーりつりん2
ほら出た、何を表現してるんスか?
何スか?これ。
トゲトゲのミラーボールにトカゲみたいなのが乗ってる。
しかもゆっくり回ってる。
わからない・・・瀬戸芸のかおり。
Img_39c8372a9a376f1dae8f029324b0f6a8
Img_bfeaa48713a5a99eb9086c15bcc25043
ウクレレのトップ、コア。
木地が荒い状態だとあまりないように思うけど、
サンディングが進むと見えてくる。



えっと、毎度書きますが
本ブログはリアルタイムじゃござんせんデス。
Img_6a66dd3b57b881b19df81a3ef2d24083
ハワイアン・コア材。
ハワイアン・コア材を入手。
製材したら何セットできるかな?

あーでもない、こーでもないしたけど、
トップ・バック決定。

・・・気が変わって完成したら逆かも。
Img_cd2fde5e2ae65296c4c2a5e425dc73f8
右・トップ、左・バック

あ、このブログはリアルタイムじゃないです。
ご了承ください。
追記。

で、完成したB-117N とB-5LU の photo をどうぞ。
Img_56b8153c05a2b10fdef0a0d962403973
B-117N
Img_bcc9bf282df3bb293c85c2cbe110f423
B-117N
Img_fce11a092b3cdf3433e4ee221d68df79
B-5LU
Img_9a626d69e040dd61609920697c26d033
B-5LU
B-5LU はウクレレショップ・オハナ限定販売です。

Img_16ed3f58f1dbe64b6b8b9094a1f11fa8
6日同様、黙とうを済ませて作業に戻ります。
件のぷっちょ「赤しそ」の続き。

俄然気に入ってしまったので再度コンビニに調達しにいきました。
ところがですよ!
つい先日まで売ってたのにもうない!ない!ないの!!

あ~ん、売り切れ~?

これなに、まさかの大ヒット中?

もう~松屋町まで行かんとあかんわけ?(←本社サテライトあり)
そこまで行くと、松屋町周辺の駄菓子の問屋に
つい寄っちゃう気がして危険~。